TOP > INFORMATION > 【RENTAL】デジタル4Kビデオカメラレコーダー Sony FDR-AX60 レンタル開始!!

お知らせ

【RENTAL】デジタル4Kビデオカメラレコーダー Sony FDR-AX60 レンタル開始!!

デジタル4Kビデオカメラレコーダー
Sony FDR-AX60

2,900円(税別)/日

空間光学手ブレ補正
マニュアルレンズリング搭載

主な特長

  •  ・空間光学手ブレ補正
  •  ・4K高画質技術
  •  ・充実の基本性能
  •  ・便利な機能

商品の説明

手持ち撮影でも、ズームしてもブレない「空間光学手ブレ補正」

イメージセンサーを含めた光学系全体を、まるで空間に浮いているかのように姿勢維持するソニー独自の「空間光学手ブレ補正」機能。旅行や運動会で、歩き撮りやお子様を追いかけながら撮影する時など、さまざまなシチュエーションで安定した滑らかな映像を簡単に撮影できます。さらにHD撮影時には「インテリジェントアクティブモード」に対応し、ワイド撮影時は約15倍ブレない(*)安定した映像を実現しました。

従来の光学式手ブレ補正機能搭載モデルのスタンダードモード時の手ブレ補正角度との比較。手ブレ補正効果は撮影条件により異なることがあります

防塵に配慮した構造

レンズユニット内部へのホコリの侵入を防ぎ、空間光学手ブレ補正の高いパフォーマンスを維持するホコリ侵入ストッパーを配置

空間光学手ブレは、防塵に配慮した構造となっています。万が一、ホコリが侵入した場合でも当社のレンズ性能評価の基準を満たします。
※ 防塵に配慮した構造となっていますが、ホコリの侵入を完全に防ぐものではありません

思い出をリアルに再現「卓越した4K 高画質技術」

レンズユニット内部へのホコリの侵入を防ぎ、空間光学手ブレ補正の高いパフォーマンスを維持するホコリ侵入ストッパーを配置

かけがえのない素敵な思い出を、フルハイビジョンの4倍もの画素数を持つ、4K撮影で残せます。FDR-AX60は、高感度センサー、高速画質処理エンジン、「ZEISS(ツァイス)バリオ・ゾナーT*(ティースター)」レンズを搭載。卓越した高画質技術の組み合わせにより、4Kならではの高精細映像を実現しました。二度とない思い出のシーンをリアルに再現します。

屋外でも室内でもキレイに残せる
「Exmor R CMOS(エクスモアアールシーモス)センサー」

レンズで取り込んだ光を電気信号に変える重要な役割を担うのがCMOSセンサー。より高画質な映像を実現するために、4K記録にも対応する16:9の動画専用センサーを専用開発。専用設計により、動画記録に使用する受光面積が従来機種(*1)に比べ1.6倍にアップ。また、従来のイメージセンサー(*2)に対しても5.3倍の面積を有し、高解像度化はもちろん、低照度環境下でもノイズの少ない映像を実現しました。

*1 FDR-AXP35/AX30
*2 1/5.8型 CMOSセンサー
※ 比較画像はイメージです

「ZEISS(ツァイス)バリオゾナーT(ティースター)」レンズ

高精細な描写を実現するために専用開発した「ZEISS(ツァイス)バリオゾナーT*(ティースター)」レンズを採用。ソニーが独自に開発した薄型非球面レンズ「AAレンズ(高度非球面成型)」を組み込むことで、レンズの周辺部にまでわたる高い描写性能とレンズ本体の大幅な薄型化を両立させました。さらにレンズには、ゴーストやフレアなどの不要な反射光を低減する多層膜コーティング「T*コーティング」を施しています。これにより圧倒的な描写性能を発揮し、シーンの空気感まで表現します。

色にじみ低減

特殊低分散レンズの採用により、ガラス固有の特性により起こる色収差を大幅に低減。色にじみの少ない映像を可能にしました。

高コントラスト

非球面レンズを採用し、レンズ中心付近と周辺付近を通る光が一点に集まらないという球面収差を低減。メリハリの効いた美しい映像を実現します。

小型化

屈折率2.0以上の極めて高い屈折率をもち、同時に収差補正効果が高いレンズを採用することで、コントラストの高い画質とレンズ群全体の小型化を両立します。

美しいボケ感

「ZEISSレンズ」に6枚羽根の虹彩絞りを採用。絞り孔を円形に近づけることで、被写体をより立体的に浮かび上がらせるとともに、背景のボケ感を味わい深く表現します。

自然な色彩や質感を表現 新世代の画像処理エンジン「BIONZ X」

新世代の画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載。画像処理能力がさらに向上し、被写体の質感の表現や、高精細な描写をより忠実に再現します。ディテールの再現力をさらに高めると同時に低ノイズ化を実現し、美しい映像を表現します。

撮りたい範囲がちゃんと入る 最大広角26.8mm

専用開発のZEISSバリオゾナーT*レンズにより、ワイド端26.8mmの広角撮影を実現。狭い室内などで被写体との距離がとれない時でも、レンズが広い範囲を一度に捉えられるため、みんながちゃんと画面内に入ります。
・35mm換算アクティブモードOFF時 16:9の時
・動画時

4K撮影時30倍、HD撮影時40倍の全画素超解像ズーム機能

20倍の光学ズームに加えて、4K記録時は30倍、HD記録時は40倍での撮影が可能。しかも、全画素超解像ズームはひとつひとつの画素に対して周辺画素を含めたパターン分類を行い、高精細な映像を作り出すために最適処理します。ズーム時に遠くの風景や人物の画質を保ったまま美しく撮影できます。
※手ブレ補正設定が、アクティブまたはインテリジェントアクティブの場合

素早くピントを合わせてくれる「ファストインテリジェントAF」

ソニーのα(TM)やサイバーショット(TM)で採用している独自の空間被写体検出方式をハンディカム(TM)にも搭載。従来のオートフォーカス速度に比べて、大幅な高速化を実現。ズームやカメラの向きを変えた際に効果を発揮。撮影チャンスを逃しません。

動く被写体にピントを合わせ続ける「ロックオンAF」

狙った被写体の顔だけでなく、身体全体を認識しピントを合わせ続ける「ロックオンAF」機能を搭載。自由に動きまわる子どももピンボケにならずくっきり撮影できます。

撮影モード設定で悩まない「おまかせオート」

「顔」「シーン」「揺れ」「屋内・屋外」の4つの要素に加えて、カメラが自動で風のノイズを検知する「風ノイズ」の5つの要素から撮影シーンを認識。180通りの組み合わせの中から、撮影状況に合わせた最適な映像が取れるように自動設定。いつでもだれでも、美しい映像が残せます。
※ 4K動画記録+同時ビデオ記録ON時は「顔認識」非対応

集音性を高めた新機構「高性能マイク」

5方向からの集音が可能なマイク構造を採用、集音性向上とノイズ低減を実現し、原音に近くクリアでステレオ感の高い高音質録音が可能になりました。

臨場感あふれるサラウンド記録「5.1chサラウンドサウンドマイクロホン」

高感度マイクカプセルを搭載し、高密度でクリアな音質で記録します。また、ズームに連動して音声レベルも変化。ドルビーデジタル5.1chのサラウンド記録ができるので、対応する機器で再生すれば、臨場感あふれる音声が甦ります。

撮影者の声が抑えられる「マイボイスキャンセリング」

被写体の声や周辺の音はそのままに、撮影者の声を大幅に低減して録音できます。たとえば、運動会でわが子を大声で応援をしながら撮影しても、自分の声ばかりが目立つという心配はありません。

風の音を自動的に抑える「自動風ノイズ低減」

撮影シーンに合わせた記録ができる「おまかせオート」と連動する「自動風ノイズ低減」に対応。風の音や強さを自動的に判別し、風ノイズを大幅にカット。撮りたい人の声や音をクリアに記録します。

大容量64GBの内蔵メモリー

撮影シーンに合わせた記録ができる「おまかせオート」と連動する「自動風ノイズ低減」に対応。風の音や強さを自動的に判別し、風ノイズを大幅にカット。撮りたい人の声や音をクリアに記録します。

まぶしい日差しの中でも、より正確な映像確認ができるビューファインダー

周囲を確認しながら全体を見渡しての撮影には液晶モニターを、まぶしい日差しの中ではEVFをと使い分けることで、確実なフォーカス位置の確認と調整、そして撮影後の映像と写真のチェックが可能です。

フォーカスやズームなどを簡単に微調整できるマニュアルレンズリング

たとえば、手前から奥の被写体にフォーカスを移動させるような演出時や、フレーミングに合わせたズームアップの調整ができるレンズリングを装備。露出やホワイトバランスなども調整できます。

暗闇でもライトをつけずに撮影「ナイトショット」

ナイトショット機能なら、赤外線によりライトを点けることなく、真っ暗な中でも被写体の撮影が可能です。

記録と共有に便利、高画質動画とMP4動画の同時記録

XAVC Sを採用したFDR-AX60は、XAVC S 4K/HD動画とMP4動画の同時記録と、高画質フルハイビジョン対応のAVCHD動画とMP4動画の同時記録が可能。大切な思い出をできる限り美しく残すためにXAVC S動画やAVCHD動画。スマートフォンでの再生や友人・家族への共有に適したMP4動画。この2つのファイルを使い分けることで、記録と共有が手軽に両立できます。
※AVCHD PSモード または XAVC S HD 60p モードでは使えません

NFC内蔵によるかんたんスマホ連携

NFC通信機能をハンディカム本体に搭載。スマートフォンとの連携が手軽に行えるワンタッチソリューションを実現しました。

ワンタッチシェアリング

NFCに対応したスマートフォンやタブレットに、専用アプリImaging Edge Mobileをインストールすれば、ワンタッチで静止画や動画を転送でき、SNSなどにアップロードすることで、家族や友人とすばやく手軽に共有できます。

ワンタッチリモート

かんたんワンタッチ接続により、スマートフォンやタブレットからハンディカム本体をリモート操作することができます。

互換性を広げる「マルチインターフェースシュー端子」を採用

ソニーカメラ製品共通シューとして「マルチインターフェースシュー端子」、「マルチ端子」を搭載。アクセサリーの互換性を拡大することで幅広い撮影をお楽しみいただけます。

映像表現の幅を広げられる「4Kタイムラプス」

一定間隔で撮影した静止画を、つないで動画のように見せることで、より印象的な映像にできるのがタイムラプス機能です。これを4Kの高画質(*)で、簡単に作成することができます。
・本体設定により、フルハイビジョン画質での記録も可能です
・カメラ本体でタイムラプス映像を作成・視聴することはできません。PlayMemories Homeで編集する必要があります

タイムコード&ユーザービット対応により、スムーズな編集をサポート

タイムコードの設定、ユーザービットの入力に対応。タイムコードを使用して複数の動画ファイルを正確に同期させるなど、よりスムーズな映像編集が可能になります。


ページトップ