TOP > INFORMATION > 【RENTAL】土地測量特化 新型モデル DJI Phantom 4 RTKのレンタル開始!

お知らせ

【RENTAL】土地測量特化 新型モデル DJI Phantom 4 RTKのレンタル開始!

測量に特化したDJI Phantom 4 RTKの新型モデル、レンタル開始!
土木建設業界向け次世代ドローン「DJI Phantom 4 RTK」登場!
標定点(GCP)不要でRTK測位による高精度な測量
1台の送信機で5台までコントロール可能

低高度での正確な地図作成ができるPhantom 4 RTK。
コンパクトなドローンが次世代マッピングソリューションを実現します。

Phantom 4 RTK
【Phantom 4 RTK 機体(送信機セット)】 ¥60,000(税別)/日

D-RTK 2 High Precision GNSS Mobile Station
【オプション D-RTK 2 Mobile Station(基地局)】 ¥20,000(税別)/日


Phantom4 RTKにて取得したデータに編集を行うソフト


次世代のマッピング技術

ドローンによる計測精度の新たな基準を打ち立てるため、DJIはドローン技術を根本から見直し、システムを刷新。Phantom 4 RTKは、より少ない地上基準点(GCP)で、cmレベルの正確なデータをユーザーに提供します。


1cm+1ppm         1.5cm+1ppm        5cm*           
(*晴天時の条件で、高度36m、
地上画素寸法(GSD)1cmで飛行している場合。)
RTK水平方向の測位精度 RTK垂直方向の測位精度 写真測量モデルの水平方向での絶対精度



Key Features

cmレベルでの正確性を誇る測位システム

RTKモジュールは、Phantom 4 RTKの機体に直接統合されています。cmレベルの測位データをリアルタイムに提供し、画像メタデータの絶対精度を向上させます。 RTK受信機の下側に設置されている冗長性を備えたGNSSモジュールは、電波の密集する都市部など、信号の弱い地域での飛行安定性を維持します。両方のモジュールを組み合わせることにより、Phantom 4 RTKは、飛行安全性を最適化しながら、複雑な測量/マッピング/調査ワークフローに対して最も正確なデータ取得を可能にします。
この測位システムは、D-RTK 2 モバイルステーションや4Gドングルを使用したNTRIP方式(インターネットプロトコル経由のRTCMネットワーク転送)に接続する機能と、ポスト処理キネマティック(PPK)に使用する衛星観測データを保存する機能を有しています。そのため、Phantom 4 RTKはどのようなワークフローにも適合することができます。

TimeSyncを用いた正確なデータ収集

Phantom 4 RTKの測位モジュールを最大限に活用するために、フライトコントローラー/カメラ/RTKモジュールを絶えず調整するTimeSyncシステムを開発しました。さらに、TimeSyncはそれぞれの写真に極めて正確なメタデータを付与し、測位データをCMOSの中心に固定することで写真測量方式の結果を最適化し、画像にcmレベルの測位データを実現します。

高精細イメージング システム

1インチ 20MP CMOSセンサーを搭載するPhantom 4 RTKは、最高レベルの画質データで撮影できます。メカニカルシャッターを搭載するPhantom 4 RTKは、ローリングシャッター現象による歪みを生じさせることなく、移動しながら撮影できます。そのため、マッピングや通常のデータ取得をシームレスに行えます。Phantom 4 RTKは高解像度の性能を提供し、飛行高度36mで1cmの地上画素寸法(GSD)を達成できます。すべての単一カメラのレンズは、半径方向および接線方向のレンズ歪みが測定される厳しいキャリブレーション工程を経るため、それぞれのPhantom 4 RTKは比類のない正確さを発揮します。収集された歪みパラメーターは各画像のメタデータに保存され、後処理ソフトウェアですべてのユーザーが独自に調整できます。

専用の飛行計画アプリ


従来の飛行モードに加えて、写真測量とウェイポイント飛行の2つのプランモードを搭載したGS RTKアプリを使用すると、パイロットはPhotom 4 RTKをスマートに制御できます。計画モードでは、オーバーラップ率/高度/飛行速度/カメラパラメーターなどを調整しながらドローンの飛行経路を選択し、自動マッピングまたは調査ワークフローを提供します。 GS RTKアプリはユーザーによる使用を考慮して構築されており、特定のマッピングや調査ワークフローに対してさまざまな機能を備えています。このアプリは、オフィス内で飛行計画を立てる際にKMLエリアファイルを直接ロードできる機能、全ての写真で露出を一定に保つ新しいシャッター優先モード、そして、悪天候をパイロットに警告する強風アラームを実装しています。

Mobile SDKに対応

Phantom 4 RTKは、DJI Mobile SDKに対応しています。モバイル端末を介し、その機能を自動化およびカスタマイズできます。

OcuSync伝送システム

高信頼性で安定したHD映像伝送を最大5kmまで可能です。

*障害物、電波干渉がない場合で、FCC準拠時。最大飛行距離の仕様は、無線の接続強度とレジリエンスを踏まえた概測になります。許可がない限り、常に目視可能な場所でドローンを飛行させてください。

D-RTK 2 モバイルステーションを用いたシームレスな互換性

Phantom 4 RTKミッションをD-RTK 2モバイルステーションでサポートし、リアルタイム差分データをドローンに提供。正確な測量ソリューションが実現します。モバイルステーションの堅牢な設計とOcuSync 2.0伝送システムにより、いかなる状況のもとでも、Phantom 4 RTKを使用してcmレベルの正確なデータを取得できます。

最大5機のPhantom4RTKを同時に制御

1台の送信機で5機のPhantom4RTKを同時に制御が可能です。 GSRTKなどの自動操縦アプリケーションと組み合わせることで、測量やマッピング、農業、検査などの現場作業の効率が大幅に向上します。

今すぐマッピングを開始

内蔵の飛行計画アプリ(GS RTK)と、RTKデータ(RTKネットワークまたはD-RTK 2モバイルステーション)を簡単に収集できるツールにより、測量/マッピング/調査ワークフローの完全なソリューションを手に入れることができます。







【Phantom 4 RTK について】

■製品

  • Phantom 4 RTKと今までのPhantom シリーズ製品の違いは、工業ユーザー向けに高精度マッピングやその他のデータ収集ミッションのために設計されました。Phantom 4 RTKは同様のカメラとフォームサイズを共有していますが、RTKポジショニングモジュール、新しいTimeSyncシステム、専用のマッピングアプリケーションなども追加しています。

  • Phantom 4 RTKはPhantom 4 Proと同じ9450クイックリリースプロペラを使用します。

  • 海外でPhantom 4 RTKを使用することは国や地域ごとに固有のバージョンがあります。ユーザーは、製品のパッケージまたはGS RTKアプリ(航空機情報 – >ファームウェア)でバージョンコードを確認することができます。

■カメラ

  • Phantom 4 RTKとPhantom 4 Pro / Advancedは同じ1インチ、20メガピクセルのCMOSセンサーを共有しますが、Phantom 4 RTKは新しいレンズ歪み記録プロセスによってマッピングのためにカメラの機能を改善、カメラのレンズの歪みを測定し、対応するOPEN-CVパラメータを記録する較正プロセスを経ます。このカメラを使用すると、歪補正なしでオリジナル画像を出力できるほか、後処理のためにXMPファイルのOPEN-CV歪みパラメータを出力できます

  • Phantom 4 ProのNDフィルターをPhantom 4 RTKでも使用できます。

  • Phantom 4 RTKカメラデジタル信号プロセッサ(DSP)が歪み補正をサポートしていません。
    カメラで歪み補正を有効にすることはできますが、画像は後処理ソフトウェアの歪み除去と比較して精度が劣ります。

■リモコン

  • Phantom 4 RTKのリモートコントローラーとPhantom 4 Proのリモートコントローラーの違いは、インダストリーユーザーのための多様性と機能を追加する複数の変更点があります。これには、Micro-SDカードスロット、内蔵スピーカー、ホットスワップ対応バッテリーが含まれます。さらに、ユーザーはリモコンを使用して、4Gドングルを使用してネットワークRTKのインターネットに接続できます。最後に、新しいGS RTK Appが各リモコンにあらかじめインストールされているため、コントローラはすぐにデータ取得ミッションを開始できます。

  • Phantom 4 Advanced / ProコントローラーでPhantom 4 RTKをコントロールできません

  • FCCモードとCEモードをどのように切り替えることができません

  • リモートコントローラーをPhantom 4 RTKとのバインドは、GS RTKアプリを通してリンクを完了することができます。詳細はユーザマニュアルを参照ください。

■ビデオ送信

  • Phantom 4 RTKの効果的なビデオ伝送距離は、操作方法(アンテナの位置など)と実際の飛行環境によって異なります。オープンで邪魔されない環境では、FCC対応の場合は最大7km、CE対応の場合は最大4kmです。(2.4GHz)。

  • アプリから「リモートコントローラーの信号が弱い、アンテナを調整してください」という通知が出た場合、これは不適切なアンテナの配置が、ビデオ送信信号、リアルタイムビューの品質に影響を及ぼす可能性が高いことを意味します。アンテナの平らな面がPhantom4 RTKを指すようにアンテナを調整してください。

  • Phantom 4 RTKのミッション中にビデオ送信信号が失われた場合、再接続してマッピングミッションを続行できます。

■電池

  • Phantom 4のRTKとProのバッテリーは相互互換性があり、同じ容量で飛行時間はほぼ同じです

  • Phantom 4 RTKバッテリーを完全に充電するのに約60分かかります。

  • アプリでバッテリーアイコンが黄色に変わったときは、バッテリセルの電圧が3.62V以下であり、すぐに充電する必要があることを意味します。

■POS RTKおよびフォトPOS

  • Phantom 4 RTKからポジショニングデータを参照するオプションは下記の通りです

    1. OcuSyncを使用してローカルにD-RTK 2モバイルステーションに接続します。(RTCM3.2)
    2. NTRIPアカウントを使用して、4Gドングルを介してカスタムRTKネットワークにリモート接続します(RTCM3.2)
    3. NTRIPアカウントを使用して、WiFiホットスポットを介してカスタムRTKネットワークにリモート接続します。欧州ではご利用いただけません(RTCM3.0 / RTCM3.1 / RTCM3.2)

  • Phantom 4 RTKの位置決め精度は、1 cm + 1 ppm(水平)、1.5 cm + 1 ppm(垂直)の正確なデータを実現します。

  • Phantom 4 RTKで撮った各画像の位置精度のTimeSyncは、フライトコントローラ、カメラ、RTKモジュールを連続的に調整し、位置決めデータをCMOSの中心に合わせて調整し、データをEXIFおよびXMP形式で記録します

  • PPKとRTKモードの違いは異なる方法でデータを参照する2つの異なるキネマティック技術です。PPKは一般にRTKよりわずかに高い位置決め精度を備えていますが、どちらもセンチメートルレベルの精度を達成します。RTKは、OcuSyncまたは4G経由のリアルタイム接続を可能にし、利便性と効率性を好む環境で飛行するユーザーに推奨されます。適時性の要求がなく、接続性のない状態での操作が必要なユーザーのためには、PPKが最適です。

  • Phantom 4 RTK写真のXMP情報は写真をテキスト形式で開き“XMP”を検索して各写真のこの情報を探します。

  • Phantom 4 RTKで写真を撮影すると、位置情報のメタデータは新しいTimeSyncシステムで、各写真はCMOSセンターの位置をメタデータに保存します。

  • アンテナ位相中心とCMOS中心の間の補償値は写真ごとに、RTKモジュールのアンテナ位相中心とNED座標系のCMOS中心との間の補償値がtimestamp.MRKファイルに “survey”という名前のフォルダの下に記録されます。

■ソフトウェア

  • Phantom 4 RTKファームウェアアップグレードプロセスは、Phantom 4 Proのそれと同様です。DJI Assistant 2ソフトウェアを使用すると、リモコンと航空機のファームウェアを別々に更新できます。また、GS RTKアプリケーションを使用して無人機とリモートコントローラを同時に更新することもできます。まずリモコンをOTGとUSBケーブルで機体に接続し、リモコンのGSRTKアプリで説明されている手順に従ってください。

  • 左/右のTOFと赤外線センサーはTOFと赤外線センサーは作動していませんので、注意して飛行してください。

  • ユーザーはマッピングまたは検査ミッションにあらかじめインストールされているGSRTKアプリを使用できます。さらに、ユーザーはDJIのMobile SDK上に構築されたアプリケーションをインストールできます。

  • Phantom 4 RTKのホームロジックへの復帰は、両方の航空機のRTH論理はほぼ同じです。

  • Phantom 4 RTKのウェイポイントには何らかの制限があり、2つのウェイポイント間の距離は2kmを超えることはできません。ウェイポイントの総数は99を超えず、フライトパスの全長は15kmを超えることはできません。

  • ウェイポイントモードを使用するときに、経度と緯度の値を入力してウェイポイントを設定できません

  • GT RTKアプリケーションを使用してKMLエリアファイルをインポートすると、設定できる境界点の最大数はGS RTKアプリケーションはKMLファイルを介して最大99の境界点をサポートしています

■マッピング

  • 差分データの形式についてはRTCM 3.0のデータ、RTCM 3.1のデータ、RTCM 3.2のMSM 4とMSM 5のデータをサポートしています。

  • Phantom 4 RTK相対座標または絶対座標で測定された座標はユーザーが選択した座標系での絶対座標です。

  • GSD値に基づいて適切な飛行高度を計算するには、式H = 36 * GSDを参照して、適切な飛行高度を推定することができます。この方程式のGSD地上サンプリング距離はセンチメートルで、H(高さまたは飛行高度)はメートルで測定されます。

  • Phantom 4 RTKストア高度によってキャプチャした写真には標高と相対高度(離陸地点との相対的な位置)が保存されています。絶対高度はマッピングに使用でき、相対高度はXMPファイルにあります。

  • Phantom 4 RTKで斜めの写真を撮る画像は、GS RTKアプリのPhotogrammetryモードで飛行中にキャプチャすることができます。写真測量モードでは、フライトプランのカメラ設定でジンバル角度を-90°から-45°に調整できます。ジンバル角度値は1度に1つしか設定できません。複数の角度を撮影するサイトでは、同じミッションを計画し、カメラの角度を調整するだけです

  • Phantom 4 RTKでキャプチャした画像を使用して、サードパーティのソフトウェアで3Dモデルやポイントクラウドを作成する場合、サードパーティのソフトウェアを使用してPhantom 4 RTK画像データを処理してモデルを作成することはできますが、精度は使用される写真測量アルゴリズムに基づいて異なります。予想される精度の詳細については、サードパーティのソフトウェアプロバイダを参照してください。

  • Phantom 4 RTKを使用してインフラストラクチャまたはその他の狭い廊下でデータを収集するときは、高い重複率を設定し、通常よりも飛行機を高く飛行させ、廊下全体で少なくとも2つの飛行経路を計画することをお勧めします。

  • Phantom 4 RTKはサードパーティの基地局と互換性はありません。サードパーティのベースステーションをラジオステーション経由でPhantom 4 RTKまたはリモートコントローラーに接続することはできません。ただし、4G / Wi-Fiネットワーク環境では、Ntripプロトコルを使用してネットワークRTKサーバーからデータを取得できます。Satillite観測データを航空機に保存して、ユーザが処理後の運動学(PPK)を行ってタスクを完了することもできます。



ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。


ページトップ