TOP > DRONE > 産業用 水中ドローン

DRONE | 水中・空中ドローン

産業用 水中ドローン

産業用 水中ドローン 写真

 

これまでの水中探査 写真

これまでの水中探査

水中探査においては、ダムや港湾等の水中インフラ長寿命化を見据えた維持・管理の機運が高まる一方、潜水士が潜行できる深度は約40mであることから、従来の探査は、大型で高額かつ大規模船舶と多くの人員を必要といたしました。

 

これからの水中探査

しかし水中ドローンは、本格的な潜行性能(300m)、鮮明な画像取得に必須となる姿勢制御機能を持ちながらも、小型・軽量、低価格であるため調査にかかる導入コスト、運用コストを数分の一に削減することが可能です。

これからの水中探査 写真

 

必要人員はわずか2名 写真

必要人員はわずか2名

また、同機種の運用に必要な人員は、ROVのパイロットとケーブルの調整などをするサポーターのわずか2名からとなっており、コンパクトで小回りの利く運用が可能です。

 

ダムや港湾等の水中インフラ長寿命化を見据えた維持・管理の機運に手軽に水中を調査できます。

水中インフラの維持・管理をはじめ、漁礁の調査や定置網の点検など水産業における活用、海底資源や深海生物の探査など、幅広い用途での利用が可能です。

 

水中ドローンを使用した水中調査事例

水中ドローンを使用した水中調査事例 写真

海洋工事・護岸工事の調査

 ■離岸堤施工・浚渫工事の調査
 ■波防施設・改定マウンド施工状況調査
 

海洋工事・護岸工事の調査

 ■水中考古学調査
 ■地質調査
 ■生態調査

水産調査

 ■漁礁効果調査
 ■海底生物調査
 ■深海泥調査

沈没船の調査

 ■沈没船の捜索
 ■沈没船状況の調査
 

海上プラットフォーム調査

 ■海底石油
 ■海中ケーブル調査
 ■プラットフォーム支柱・切削リグ・海底パイプライン・取排水管の調査

水産調査 写真

船体調査 写真

漁礁調査 写真

護岸調査 写真

 

港湾・護岸・防波堤・橋脚・取排水管路内の水中調査

港湾・護岸・防波堤・橋脚・取排水管路内の水中調査 写真

橋脚水中部の調査

 ■洗掘深さ範囲に計測
 ■フーチング部の露出計測
 ■経年変化調査

取排水管路内の調査

 ■管路内崩落点検
 ■海洋生物付着状況調査
 ■防食亜鉛残存点検

港湾・護岸・防波堤部の調査

 ■陥没・破損・メジ隙間の調査
 ■洗掘状況の点検
 ■浮標灯設置状況点検
 

重要施設・水槽内の水中調査

重要施設・水槽内の水中調査 写真

ダム調査

ダム調査 写真

ページトップ