TOP > DRONE > 安心保険制度

DRONE | 水中・空中ドローン

安心保険制度

2019.9.1現在

賠償保険制度

※詳しくはお問い合わせください

万が一の事故に備え、賠償責任保険に加入しております。
第三者に損害を与えてしまった場合の損害賠償保険に加入していますので安心してドローンをご利用いただけます。
お客様で保険加入料をお支払いいただく必要はありません。

保険について

他人の身体の損害や財物の損壊など、損害賠償責任を負わなければならなくなった場合、下記の通り保険が適用されます。

補償種 内容 損失補填
対人補償 1名につき1億円まで 自己負担額5万円
対物補償 1事故につき1億円まで 自己負担額5万円

※日本国内のみ適用、海外は対象外となります。
※お客様側でのお申し込み手続きは不要です。

損害賠償について

  1. 弊社は、弊社が責任を負うべき理由によりお客様に損害を与えた場合は、お客様が弊社に支払った料金の範囲内で賠償するものとします。その他の場合には、当レンタルの利用に起因して、直接的または間接的に生じたいかなる損害についても 一切損害賠償はいたしません。
  2. 機材の不良(初期不良も含む)によりお客様のスケジュール、イベント、作品へ影響が出た場合、その責任を弊社は一切負いません。レンタル料金の返金を以って賠償責任は完了したものとします。
  3. お客様が当レンタルに関連して、故意又は過失によって弊社に損害を与えた場合は、相応の責任並びに債務を負うものとします。
  4. レンタル期間中にお客様が記録された映像データ等の消失、不具合等に関しては、 弊社では一切の保証は致しかねますので、お客様の責任により管理してください。
  5. レンタル期間中に、レンタル機材の搬出入・運送・積み下ろし等に伴う事故に起因する損害はお客様の負担とします。
  6. レンタル期間中に、お客様が記録された映像情報等の消失、不具合等に関しては、 弊社では一切の保証は致しかねますので、お客様の責任により管理してください。

(空中ドローン)機体保険(動産総合保険)について

空中ドローンについて、鳥との衝突、急な突風、落雷等の偶発的な事故による、万が一の墜落、破損に備えた機体保険に加入しております。(DJI製品以外は対象外)事故で修理が必要な場合は、保険を使用しますが、お客様に保険で補えない実費(点検費用・修理費用・部品費用・営業損失費用)をご負担いただきます。

  1. お客様側での申し込み手続は不要です。保険料は、お客様による別途料金は発生いたしません。
  2. 機材本体のみが対象となります。本体以外の周辺機器(カメラ・ジンバル等)・オプション製品は対象外となります。レンズ等のオプション単品のレンタルについて、不慮の事故や盗難などにより損害が生じた場合、保険適用となりませんので全額実費を請求させていただきます。
  3. 機体番号を登録して保険に加入しており弊社から貸与した空中ドローンのみ適用となります。
  4. 機材を海外に持ち出した場合の紛失・破損は対象外です。

(空中ドローン)機体保険の適用外について

以下の内容に該当する場合は、お客様の故意または過失に関係なく、点検費用・修理費用・部品費用・営業損失費用および機材購入金額の実費を全額請求させていただきます。

  • 利用規約に反する場合
  • 法令に違反して使用されていた場合
  • バッテリー不足によって生じた損害の場合
  • 風、雨、雪、雹、砂塵、その他これらに類するもので生じた損害の場合
  • 機体の回収ができない場合
  • 機体を海外に持ち出した場合
  • 弊社の診断により認められない場合
  • 弊社が加入する保険会社の規約・審査により保険適用されない場合

(空中ドローン)お客様の過失による破損(落下や水濡れ)について

  1. 事故状況について連絡いただき、故障した機体および破損している部品全てをご返却ください。ご返却後に破損状況を確認させていただき、お客様のご負担額をご連絡させていただきます。
  2. 機体保険に加入している機種は保険を使用しますが、保険で補えない実費(点検費用・修理費用・部品費用)をお客様にご負担いただきます。
  3. 修理によって機体をメーカーに送らなくてはならない場合は営業損失費用をご負担いただく場合があります。
  4. 修理が不可能な場合や機体本体をご返送いただけない場合は、購入金額の100%を上限とする金額と営業損失費用を申し受けますので予めご了承ください。

(空中・水中ドローン共通)紛失・盗難について

  1. 運転制御不能による行方不明、川や海への水没、盗難等、理由の如何に関わらず機材の紛失については、機材購入金額の100%を上限とする金額を申し受けます。
  2. バッテリー等のオプション機材、付属品の紛失・盗難については、購入金額の100%を上限とする金額を申し受けます。

(空中ドローン)賠償責任保険(施設所有(管理)者賠償責任保険)について

空中ドローンについて、万が一のアクシデントによって、第三者の身体や財物に損害を与えてしまった場合に備えた賠償責任保険に加入しております。

  1. お客様側での申し込み手続は不要です。保険料は、お客様による別途料金は発生いたしません。
  2. 弊社では1事故あたり補償額として対人(身体障害)賠償・対物(財物損壊)賠償1億円までの賠償保険に加入しています。自己負担額(免責金額)は、50,000円です。
  3. 人格権侵害(撮影によるプライバシーの侵害)にも適用されます。
  4. 弊社ではDJIの空中ドローンは三井住友海上火災保険、その他の空中ドローンは東京海上日動火災保険の賠償責任保険に加入しています。保険の適用可否については、各保険会社の審査・規約に従います。
  5. 機体番号を登録して保険に加入しており弊社から貸与した空中ドローンのみ適用となります。

(空中ドローン)賠償責任保険の適用外について

下記の場合は、お客様の故意または過失に関係なく、保険適用外となります。

  • 弊社の利用規約に反して使用したことにより生じた損害賠償責任
  • 法令に違反して使用したことにより生じた損害賠償責任
  • お客様自身が故意に事故を発生させたと判断させて頂いたケースに起因する損害賠償責任
  • 地震、噴火、洪水、津波などの天災に起因する損害賠償責任

特に、下記の点はご注意ください。

  • 室内の事故は補償されない場合がございます。
  • 撮影データの紛失や破損・読み込み不良に対する補償は致しかねます。
  • ドローンレースや対象の人や物に無理に接近させる危険な撮影等に生じた損害は対象外となります。
  • タレント(出演者)は補償の範囲に含まれません。
  • ブレード(プロペラ)単独で生じた損害
  • 日本国内のみ適用、海外は対象外となります。
  • 機材の又貸し(利用者または申し込まれた法人以外)は適用外となっております。

弊社が加入する保険会社の規約・審査により、保険適用されない損害、または補償の限度額を超えた損害については、お客様に全額ご負担いただきます。

国内の場合 機体保険
(国内)
賠償責任保険
(国内)
空中ドローン
各種マイクロドローン × ×
TELLO ×
SPRAK
MAVIC AIR
MAVIC PRO PLUTINUM
MAVIC 2 Zoom
MAVIC 2 PRO
MAVIC 2 Enterprise
PHANTOM 4 PROおよび
PHANTOM 4 PRO +
PHANTOM 4 RTK
INSPIRE2
Matrice 600 Pro
Matrice 210 RTK
水中ドローン
すべての機種 × ×

責任の範囲について

  1. 空中ドローンの事故によるお客様が被った損害で、弊社に請求できる賠償額の上限は弊社が加入している保険の補償範囲内とします。
  2. 空中ドローンについて、弊社では対人対物各1億円までの賠償保険に加入(一部機種除く)していますが、お客様自身で補償額の増額のために別途ラジコン保険等に加入していただくことをお勧めしています。
  3. 水中ドローンについては、機体保険・賠償責任保険ともに適用対象外ですので予めご了承ください。

海外での使用について

  1. 海外へ持ち出しての使用は可能です。ただし、必ずご予約時に弊社に申告してください。
  2. 移動・運搬中の盗難・破損について、弊社加入の保険では補償されません。必ずお客様自身で海外旅行保険などに加入されることをお勧めします。万が一、盗難・破損があった場合、機材購入金額の100%を上限とする金額を申し受けます。
  3. 機体保険・賠償責任保険は日本国内のみ適用、海外は対象外となります。
  4. 渡航先の国・地域の法令をお客様ご自身で確認し、法令に従ってご使用ください。

紛失および事故発生時について

紛失の場合、速やかに弊社まで状況報告をください。速やかにお客様により最寄りの交番に紛失届の届け出をお願いいたします。その際、警察官より受理番号を聞いてください。弊社は国土交通省へ紛失(ロスト)届を提出することとなりますので、ご協力宜しくお願いいたします。

事故の場合、保険の請求に必要情報、事故が発生した場所(住所)時間、対人、対物および機体の状況をお知らせください。

紛失・事故時 速やかに弊社までご連絡ください。


ページトップ